トヨタ シエンタ 2006年式 ユーポス 売却 買取 自動車

トヨタのシエンタ(2006年式)をユーポスに34.5万円で売却できた体験談

今回はトヨタの「シエンタ」になります。

 

2006年式のパールホワイトですがどうやって買い取り額「34.5万円」を引き出したのか?

 

お名前 年齢 性別 住まい
HIDEさん 47歳 男性 奈良県奈良市
自動車メーカー 車種 年式 走行距離
トヨタ シエンタ 2006年 57,000キロ

 

 

車の色は何色? 修復歴、事故歴について 利用した一括査定サービスは?
パールホワイト 板金修理が2回、アルミホイール修復1回 カービュー
査定してもらった業者名と査定額 最終的に売却した業者名と買取金額

ガリバー20万
ラビット15万
JAC 25万
BIGモーター27万
アップル25万
ラビット30万 

ユーポス 34万5千円

 

買取体験談インタビュー

 

 

 

車を高く売却するために工夫したことがあれば教えてください


 

 

洗車、車内清掃
事前に相場を調べてそれよりも多めに買い取り希望額を出した

 


 

 

保有していた車を購入した理由を教えてください


 

 

子供が出来たのでスライドドアの広めの車を探していた。

 

ホンダのモビリオ、日産のラフェスタも候補に挙がったか、モビリオはデザイン的に気に入らなかったのと窓が全開にならなかったので却下。

 

ラフェスタは出たばかりで値引き額がほとんどなく予算をオーバーしたので脚下することにした。

 

シエンタはデビューから期間が経っていたので、値引きが非常に多く、たまたま期間限定でお得なパッケージカーがあったので試乗を兼ねて交渉に出かけた。

 

しかし台数限定の為に、ボディカラーが限られていた。

 

系列店を何店か回ったが希望する色がなく、仕方なく価格を何店舗かで競合させた。

 

ほぼ似たり寄ったりの金額が出てきたが営業マンの態度が店によって全然違っていた。

 

一番感じのいい営業マンの店で購入を決めかけたところ、他の店舗が希望の色でさらに価格も下げると言ってきた。

 

迷っているととうとう家にまで押しかけてきたので、感じのいい営業マンに相談し色はどうしようもないが、価格は近付けると2万円高までに止めてきたので、その営業マンお店で買った

 


 

 

 

どうして愛車を売ることにしたのか教えてください。乗り換えなどの場合は、乗り換え後の車種名なども可能な限り詳しく教えてください。


 

 

子供が大きくなってきて、あまり車の乗ることも少なくなってきたのでもう少し小さな車にしようと考えていた。

 

ちょうど駐車場の値上げの話があり、所有しなくても、必要な時にレンタカーを借りればいいかと思うようになった

 

ただ以前に車を売却しようと思った時に、ほとんど値段が付かなかったので、乗りつぶしてしまおうと考えた。

 

たまたま、勤務先で所有の車を売る業務に携わった時に、思いの他高値が付いたので、同じようにすればもしかすると値段がつくかもしれないと思って、いろいろ調べ始めた。

 

最初は1件1件店舗を回ってと考えていたが、時間がもったいないと思い直して一括で見積を取る方法がないかを探し始めた。

 

ほとんど値が付かなければ、最初考えていた通り乗りつぶすつもりだったが、思いの他いい値段が付いたので売ることにした。


 

 

売却する際にどういう業者を利用したか?どういう流れで利用したか?詳しく教えてください。


 

 

まずは、勤務先で利用していた業者以外の買い取り専門店に絞って電話や実際に行って数件に査定してもらって一番高いところにしようと思っていた。

 

しかし、実際時間がもったいないし持って行った際に他を見ずに妥協してしまうかもしれないので、ネット検索するとたくさん広告がでてきた。

 

たまたま時間つぶしにやっていたポイントサイトの中に一括見積の広告があったので、ポイントも貯まるしと考え気軽に見積もり請求をした。

 

すぐに詳細を教えて欲しいとメールが大量にやってきたが、全部に対応することは不可能だったので、いくつかに絞って詳細を返信した。

 

するとその日のうちに電話がかかってくる業者もあった翌日からは各業者から時間に関係なく何度も電話があった。

 

同じ業者から担当を変えて日に何度もかけてきた業者もあった。

 

その対応が面倒になり、知り合いの中古車店に高値で買い取ってもらえないか同業で欲しいと言ってくれるところはないか調べてもらうことにした。

 

その返答を待ってる間にもネットで依頼した業者からは実際に車を見てみたい。

 

そのほうが高値が付くと連日のように電話がかかってきたので送った情報でとにかく値段を出すように言い、それが出せないならおたくはもういいですと言って、とにかく概算見積もりを出させたすると電話ではあったが数社が見積もりを出してきた。

 

同じ頃に中古車店からも返答があり、どこも大差がないことが分かった。

 

その上で、勤務先で利用していたユーポスに実車を持ち込んで交渉した。

 

聞いていた相場通りなら売ってもいいかと思って他社は40万の査定を付けていると吹っかけてみたところそこまでは出せないが、この場で即決してくれるならとのことで今までの最高値が出たので売却成立となった。

 

余談ですが出張買い取りは店舗とは部署が違うらしく、実際査定に来てもらうとその場で売ってもらうまで絶対帰らないらしいです。

 

ネットで一括見積できるのは便利そうですが、そういう罠もあるみたいです。

 

 


 

 

【くるまさんのコメント】

 

HIDEさんの特徴としては一括査定で見積に来た業者に売らなかった点です。

 

一括見積を利用して愛車の「市場における相場」をまずは正しく把握する。

 

そのうえで個人的にユーポスに持ち込み、ご自身もおっしゃっておりますが少し相場より高めなら売っても良いと打診。

 

買い取り額も多少譲歩してくるのも想定内という感じでしたし、見事、それまでの見積額を超える最高値で売却に成功しています。

 

かなり上級者の売り方といえますので大変参考になりました。

 

今回はインタビューのご協力ありがとうございました。

 


この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加   

体験談募集中 管理人のくるまさんとは? セレナ売却体験談 エスティマ売却体験談 ザ・ビートル売却体験談