トヨタ アリオン 2013年式 オートウェーブ 売却 買取 自動車

トヨタのアリオン(2013年式)をオートウェーブに132万円で売却できた体験談

トヨタのアリオン(2013年式)をオートウェーブに132万円で売却できた体験談

今回はトヨタのアリオン(2013年式)です。

 

トヨタのアリオン(2013年式)をオートウェーブに132万円で売却できた体験談

走行距離は12,000キロほどのセダン車です。

 

トヨタのアリオン(2013年式)をオートウェーブに132万円で売却できた体験談

売買契約書の証拠画像も頂きました!誠にありがとうございます!

 

トヨタのアリオン(2013年式)をオートウェーブに132万円で売却できた体験談

お待たせ致しました!それではインタビューを見ていきましょう!

 

 

 

お名前 年齢 性別 住まい
とっくんさん 56歳 男性 千葉県印西市
自動車メーカー 車種 年式 走行距離
トヨタ アリオン 2013年式 12,000キロ
売却したのはいつ? 車の色は何色? 修復歴、事故歴について 利用した一括査定サービスは?
2015年1月 シルバー 修理歴、事故歴ともにありません。 ズバット買取比較
査定してもらった業者名と査定額 最終的に売却した業者名と買取金額

オートウェーブ 132万円
ガリバー 131万円
アップル 128万円

オートウェーブに132万円で売却

 

買取体験談インタビュー

 

 

 

車を高く売却するために工夫したことがあれば教えてください


 

査定当日は洗車やワックスがけは当然ですが、自分の車のアピールポイントを整理しておき、当日は忘れず査定士に伝えること。


 

保有していた車を購入した理由を教えてください


 

私は免許を取得してからこれまで、6台の車を乗り継いできました。しかも全てセダン車です。

 

その理由は、ロールする車が嫌いなため、基本的に車高の高い車は避けてきました。

 

その前に所有していたホンダのアコードが新車登録から約15年経過し、そろそろガタが来始めたため、乗り換える車をネットの評判や実際に試乗をして検討をしていました。

 

ミニバンと軽自動車が売れる時代で、今もそうですが、セダン車の人気がなく、どこのメーカーもセダン車をほとんど作らなくなりました。

 

選択肢は限られ、トヨタではアリオン・プレミオ・クラウン・マークI、マツダではアクセラセダン、ホンダではグレイス、日産ではシルフィ位しかありませんでした。

 

金額的に手が届くのは、アリオン・プレミオ、アクセラセダン、グレイスなのですが、実際に試乗してみて「これだ!」という本当に気に入った車はありませんでした。

 

最終的には値段です。

 

アリオンが一番値引きをしてくれましたので、なんとなくアリオンに決めたというのが、正直なところです。


 

 

 

どうして愛車を売ることにしたのか教えてください。乗り換えなどの場合は、乗り換え後の車種名なども可能な限り詳しく教えてください。


 

試乗の時からなんとなく運転席のシートに違和感を感じていましたが、そのうち慣れると思い、デザイン的なところと値段の安さで購入してしまったのですが、購入後ほどなくして腰痛が出始めました。

 

私は20年位前に椎間板ヘルニアを患い、現在も腰痛持ちのため、もう少しシートのことを真剣に考えるべきだと反省しています。

 

腰痛対策のクッションを購入して何とか騙し騙し乗ってきました。

 

最初はクッションの効果を感じていたのですが、徐々にその効果も感じられなくなり、腰痛の悪化に耐えられず、泣く泣く手放す決意をしました。

 

ちょうどその頃、アクセラのフルモデルチェンジがあり、試乗してみたのですが、シートが本当に素晴らしく、アクセラセダンに乗り換えをしました。


 

売却する際にどういう業者を利用したか?どういう流れで利用したか?詳しく教えてください。


 

一括査定サイトである「ズバット買取比較」に申し込んだ途端、案の定電話の嵐でした。

 

ネットや友人から話は聞いていましたが、本当に画面のボタンをクリックした2〜3秒後には電話が鳴ったのです。

 

これは本当に驚きでした。

 

その中から、とりあえず概算買い取り価格を提示してもらえる業者から、概算価格を聞き出し、対応が丁寧で印象の良い業者3社(オートウェーブ、ガリバー、アップル)に絞って実際の査定を行ってもらいました。

 

事前に3社には、複数社で競合してもらう話をして了解は得ていました。

 

同時刻に3社を集めたのですが、オートウェーブは約束の時間より30分も早く到着し、入念に車を調べてくれました。

 

本気度が伺え、私は好印象を持ちました。

 

3社とも見るところは同じです。

 

ボンネットを開けて事故歴がないか、溶接や塗装を行った形跡がないか、ドアの内側も含めて入念に点検をしていました。

 

ボディに傷がないか、車内の汚れ具合などもチェックして写真に収めていました。

 

私はセリ方式と一発方式でどちらが高く売れるか正直悩みましたが、あまり時間をかけたくないということと、セリ方式だと納まりがつかなくなるかもしれないという不安から、一発方式を選択し、3社ともに了解してもらいました。

 

買い取り価格を名刺の裏に記入してもらい、同時に提示してもらうというやり方を取り、結果的にはオートウェーブが一番高値である132万円を付けてくれました。

 

当然ですが、他の2社はあっさりと引き下がり、オートウェーブと売買契約を結びました。


 

【くるまさんのコメント】

 

トヨタのアリオン2013年式の買取体験談でした。

 

とっくんさんの車の売却理由ですが、共感できます!

 

車によって座り心地って違いますから、シートってとても大事ですよね。

 

売却の際に工夫されていた点では、事前にアピールポイントを整理されていたとのこと。

 

高額査定を狙うには、愛車のアピールポイントを整理しておくことも大事なことですからね。

 

また、あとあとトラブルを避けるために、対応が良い業者を選ぶことも大事なことです。

 

今回はインタビューにご協力頂きまして、誠にありがとうございます!

 


この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加   

体験談募集中 管理人のくるまさんとは? セレナ売却体験談 エスティマ売却体験談 ザ・ビートル売却体験談