スバル レガシー 2006年式 ガリバー 売却 買取 自動車

スバルのレガシー(2006年式)をガリバーに51万円で売却できた体験談

今回はスバルの人気車「レガシー」になります。

 

売却額がガリバーから振り込まれた際の「証拠画像」も今回はご提供してもらえました!買い取り額51万円なのに、振り込み額が50万円なのは、1万円分が買い取り価格保証の保険料とのことです。(後述)

 

レガシー好きな人は多いこともあり、比較的高額な買取結果となっております。

 

2006年式ですが目立った大きなキズなどもなく、状態は良さそうです。

 

愛車でのドライブ写真もご提供いただけました!

 

それではインタビューのほうをみていきましょう。

 

お名前 年齢 性別 住まい
ラジオ好きさん 36歳 男性 栃木県矢板市
自動車メーカー 車種 年式 走行距離
スバル レガシー 2006 85,000キロ
車の色は何色? 修復歴、事故歴について 利用した一括査定サービスは?
シルバー リヤに修復歴あり カービュー
査定してもらった業者名と査定額 最終的に売却した業者名と買取金額

ガリバー 51万円
ビッグモーター 49万8千円
アップル 42万円

ガリバー 51万円

 

買取体験談インタビュー

 

 

 

車を高く売却するために工夫したことがあれば教えてください


 

 

当日、丁寧に洗車して3社を同時に読んでその場で金額提示をお願いしました。


 

 

保有していた車を購入した理由を教えてください


 

 

それまでは、エルグランドを2台乗り継いで8年ほど乗っていましたが、多人数で出かけることも少なくなったので、運動性能のいい四輪駆動で、荷物の沢山積める車という条件でを色々検討していました。

 

そこで、最終的にレガシーのGTに決定して、いろいろ中古車店をまわり、3台に絞って比較検討していましたが、リヤに軽い追突の修復歴はあったものの、綺麗に直っていて試乗しても問題なかったのと、走行距離が3万キロほどと年式の割に少なく、外装も内装も綺麗なのと、ナビと、レーダークルーズコントロールのついていたのが気に入ってこの車に決めました。

 

レーダークルーズコントロールとは、前車に自動追尾して走行できる機能で、とても魅力的に思えました。

 

それと、パドルシフトとステアリングスイッチにも惹かれていました。

 

実際、パドルシフトはとても便利な機能でした。

 

値引きはほとんどありませんでしたが、中古車店の担当の方の対応がよかったのも一つの要因だったと思います。


 

 

 

どうして愛車を売ることにしたのか教えてください。乗り換えなどの場合は、乗り換え後の車種名なども可能な限り詳しく教えてください。


 

 

乗り換えようと思ったのは、その頃はガソリンの価格が高騰していて、車は気に入っていたのですが、ガソリン代の負担が厳しく感じてしまったからです。

 

何しろ、通勤で往復90キロほど走るのでガソリン代が月に3万円は掛かっていたのです。

 

そこで、燃費が良くてなにか面白い車はないかなと毎晩、ネットサーフィンして色々な車を見ていたのですが、ただ燃費がいいだけの車は乗りたくないと思いだし、そこで浮かんだのが、リーフです。

 

発売された当初、興味があって試乗はしていたのですが、新車は価格が高くてあきらめていました。

 

しかし、発売開始から3年もたってきたころだったので、中古の値ごろなのが増えてきていたので色々探してみました。

 

そこで、Gグレードでシートヒーターがついていて走行距離が1万4千キロで車両価格が150万円の車を見つけて、月3万円のガソリン代が浮くことを考えると5年も乗れば、元がとれると思い、色々問題はあるだろうけど、こわいもの見たさで買い替えてしまいました。


 

 

売却する際にどういう業者を利用したか?どういう流れで利用したか?詳しく教えてください。


 

 

売却は、当日の10時頃カービューに電話したところから始まりました。

 

すると、時間差はありましたがガリバー、アップル、ビッグモーターの3社から電話がありました。

 

3社とも当日の査定が可能だという事でしたので、来てもらう事にしました。

 

その際、ガリバーの方から他の業者との相見積もりの予定を聞かれたので、他に、アップルとビッグモーターの2社にもお願いしていますと伝えました。

 

すると、3社別々に査定していると時間もかかって大変でしょうから、3社一緒に査定されてはどうですか、と言われました。

 

他の業者さんがいるとやりずらくはないのですか、と聞くと、私たちは大丈夫ですし、お客様の負担が少ない方がいいのではですか、とおっしゃっていただけたので、アップルとビッグモーターのにも3社一緒で大丈夫かを確認して了解していただけたので、14時頃来て頂くようにお願いしました。

 

それから、少しでも高く買い取ってもらえるようにと洗車をして、室内も掃除機とかけてから雑巾でふき、ダッシュボードなどは艶出し剤をかけて磨いておきました。

 

14時から、14時30分の間に3社そろい、次々に車内、外装、エンジンルーム、下回りなどを見られました。

 

買い取り金額はどんな形で提示されるのだろうと思っていましたところ、ビッグモーターの方が、オークション形式はどうですか、と言われました。

 

具体的にどうするのかと聞きましたら、3社そろって口頭で買い取り価格を言っていき、最終的に2社がおりたら買い取り価格の決定だといいます。

 

他の2社の方にどうですか?と聞いたところ、他の業者あまりいい返事ではなかったので、では、どのような方法がいいか聞くと、それぞれの業者が私に直接買い取り価格を伝えますので、一番高いところに決めて下さい、と言われ、私もその方がさっぱりしていていいと思いましたので、直接、一発回答で買い取り価格を伝えてもらうことにしました。

 

結果、ガリバー 51万円 ビッグモーター 49万8千円 アップル 42万円

 

ガリバーにお願いすることになりました。

 

他の2社が帰って、書類を作っているときに色々ガリバーの方とお話ししたのですが、51万円の中の1万円は、買い取り価格保証の保険料だという事で、買い取り価格保証って、意味が分からなかったので、詳しく聞いてみると、買い取った車を会社に持ち込んでから、さらに詳しく車の状態を見るのだそうでうが、その際に、現場で発見できなかった異常や補修跡などがあっても買い取り価格の減額がない様にするための保険だとわかりました。

 

ガリバーの方が言うには、ガリバーでは保険をかけているので買い取り価格の減額はありませんが、業者によっては、会社に持っていってから何だかんだとクレームをつけて買い取り価格の減額をするところもあるから、気を付けた方がいいですよ、とも言っていました。

 

こわいこともあるんだと、ビックリしました。

 

支払いは、振込みだったのですが、数日後無事に50万円振り込まれました。

 

長い一日でしたが、色々貴重な経験ができました。


 

 

【くるまさんのコメント】

 

今回、インタビューを受けていただいた「ラジオ好きさん」の特徴はやはり「3社同時に一括見積をさせた」という点になります。

 

同日の同時刻に業者を呼び、同じタイミングで見積額を提示させるというやり方です。

 

これは売る側の手間も省けますし、また、買取側も他の業者の手前があるのではじめから下手な駆け引き抜きにして査定してくるケースが多いようです。

 

ですので非常に賢い一括査定の利用方法といえます。

 

実際、これによって50万円オーバーの買い取り額実現に成功しているので素晴らしい限りです。

 

インタビューにご回答いただき誠にありがとうございました。

 


この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加   

体験談募集中 管理人のくるまさんとは? セレナ売却体験談 エスティマ売却体験談 ザ・ビートル売却体験談