ロータス エリーゼ111R 2006年式 ディスティーノ 売却 買取 自動車

ロータスのエリーゼ111R(2006年式)をディスティーノに390万円で売却できた体験談

ロータス,エリーゼ111R,2006年式,ディスティーノ,売却,買取,自動車

今回はロータスよりエリーゼ111R、2006年式になります!

 

ロータス,エリーゼ111R,2006年式,ディスティーノ,売却,買取,自動車

口座へ振り込みされた証拠も頂きました!

 

ロータス,エリーゼ111R,2006年式,ディスティーノ,売却,買取,自動車

それではインタビューをみていきましょう!

 

お名前 年齢 性別 住まい
マサユキさん 35 歳 男性 東京都港区
自動車メーカー 車種 年式 走行距離
ロータス エリーゼ111R 2006年式 24,000キロ
売却したのはいつ? 車の色は何色? 修復歴、事故歴について 利用した一括査定サービスは?
2010年6月 黄色(ソーラーイエロー)

なし

カービュー
査定してもらった業者名と査定額 最終的に売却した業者名と買取金額

カーチスが270万円
ユーポスが250万円
ラビットが310万円
インペリアルが250万円
ディスティーノが360万円

 

ディスティーノに390万円で売却

 

買取体験談インタビュー

 

 

 

車を高く売却するために工夫したことがあれば教えてください


 

改造箇所が多かったため車の仕様を細かく整理した仕様書を作成した。動力性能をアピールするための動画を作成した。


 

保有していた車を購入した理由を教えてください


 

学生時代、峠を走っていた経験からイギリスのライトウェイトスポーツカーに対する憧れがありました。

 

ヤフーオークションでロータスエリーゼ、オペルスピードスター、ラディカルSR4については常に相場を追いかけていました。

 

スピード違反が重なり免許取り消し処分を受け、再取得して間もなくした頃。

 

それほど遠くない将来に結婚の予定を控えていたこともあり、購入するならそろそろかと漠然と考えていました。

 

そうすると偶然、価格仕様ともに理想にジャストマッチする個体が個人出品されました。現車確認試乗を実施しました。

 

購入前には、近いグレードのレンタカーも利用し、オリジナルに近いものを体験してみました。

 

その上で購入対象を試乗したので、個体の良さを十分理解することができました。


 

 

 

どうして愛車を売ることにしたのか教えてください。乗り換えなどの場合は、乗り換え後の車種名なども可能な限り詳しく教えてください。


 

結婚したことと、その後すぐに妊娠が発覚し、2か月後には父親になるということで売却を決めました。

 

オープン2シーターのモデルのため、子供をチャイルドシートで乗せることができないので、次の車に乗り換えることにしました。

 

その他にも、ロータスエリーゼの成り立ちが、アルミモノコックにFRPの外装を貼っただけで、衝突に弱いにも関わらず、エアーバックもなくスピードが相当出る車でした。

 

ですから、周囲の社員達から一人の体ではないので、無事なうちに降りてくれと頼まれたのも理由の一つです。

 

次の車として選んだのはメルセデスベンツの最上級セダンS500(W220型)です。

 

家族、特に生まれたばかりの子供の安全を最優先に考えた結果です。

 

仕事上のステータスとしても申し分ありませんでした。


 

売却する際にどういう業者を利用したか?どういう流れで利用したか?詳しく教えてください。


 

売却する際には、ロータスエリーゼの愛好家クラブの売買掲示版にも掲載してみました。

 

そこからも複数の問い合わせをもらったのですが、ハードな仕様だったことやオリジナルのパーツを保管していないことなどがネックとなり、なかなか成約にはいたりませんでした。

 

同時並行で、一括査定サイトカービューにも登録したところ、複数の買取業者から一斉に電話がかかってきました。

 

仕事中に数時間の間に10件近くの電話がかかってきたので、少々迷惑でした。

 

大手の買取業者はどこも似たような価格を50万円くらいの幅をもたせて提示してきました。

 

改造センスに対する自信がかなりあったので、考慮してほしかったのですが、むしろマイナスになりそうなくらい、この手の車に対する知識のない担当者ばかりでした。

 

そんな中でディスティーノだけは、趣味性の高い外国車や改造車の専門店を名乗るだけあって、担当者も車に詳しく私の車の改造箇所に関しても大幅なプラスの評価を下してくれました。

 

電話で話した際にも、すでに他の業者とは50〜100万円ほどの差がつく360万円を提示してくれていました。

 

ですが、現車と私が作成した仕様書を確認して、さらに30万円追加の390万円で買い取ってくれました。

 

ちょうど同時期に平行して、愛好家クラブ経由で380万円で買いたいとのオファーが来ていたことも査定額アップの理由だったと思います。

 

その後、最終的には409万円で次のオーナーに買われています。

 

SNS上で偶然画像を発見し、次のオーナーと仲良くなったことで価格もわかりました。


 

【くるまさんのコメント】

 

ロータスのエリーゼ111Rということですが、改造車であったとのこと。

 

このクラスの改造車となると、やはり専門店でないと良さが伝わりません。

 

そこで注目すべきは一括査定時の差額になりますね!

 

一番安い査定額を提示したカーチスの270万円に対して、一番高い査定額を提示したディスティーノは360万円。

 

360万円-270万円=110万円(差額)

 

実に「110万円」という非常に大きな差額が生まれていますので、一括査定のおかげで損をしなくて済んだと言えますね!

 

さらに趣味性の高い外国車や改造車の専門店であったこと、愛好家クラブへの掲示板掲載の効果もありましたね。

 

現車と仕様書を確認されて、さらに高額査定になったのも、車への熱意が伝わったのだと思います。お見事です!

 

インタビューへのご協力ありがとうございました!


この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加   

体験談募集中 管理人のくるまさんとは? セレナ売却体験談 エスティマ売却体験談 ザ・ビートル売却体験談