マツダ アクセラセダン 2006年式 売却 買取 自動車

マツダのアクセラセダン(2006年式)をカーチスに18万円で売却できた体験談

マツダのアクセラセダン(2006年式)をカーチスに18万円で売却できた体験談

今回はマツダのアクセラセダン(2006年式)の売却体験談です。

 

マツダのアクセラセダン(2006年式)をカーチスに18万円で売却できた体験談

走行距離は8万キロです。それではインタビューを見ていきましょう!

 

お名前 年齢 性別 住まい
たけぽんさん 47歳 男性 愛知県半田市
自動車メーカー 車種 年式 走行距離
マツダ アクセラセダン 2006年式 80,000キロ
売却したのはいつ? 車の色は何色? 修復歴、事故歴について 利用した一括査定サービスは?
2013年9月 アイシーブルー 無し Carview みんカラ買取相場
査定してもらった業者名と査定額 最終的に売却した業者名と買取金額

アップル 13万
ガリバー 15万
ラビット 15万
カーチス 16万

カーチスに18万円で売却

 

買取体験談インタビュー

 

 

 

車を高く売却するために工夫したことがあれば教えてください


 

 

見積もり前の室内外の清掃はしました。


 

 

保有していた車を購入した理由を教えてください


 

 

家族共有の車を探していました。

 

前の車はオペルアストラハッチバックでしたが、10年乗るとあちこちにガタが出始め、また嫁が仕事の関係で車が必要になり、国産車で手ごろなものを探すことに。

 

嫁も運転しますので、嫁さんの意見は5人は乗れて運転しやすいセダンタイプでAT車の条件で。

 

大家族(当時10人)なので、買い物も多いため、トランクの容量が多いセダンが良いらしいです。

 

確かにハッチバックモデルだとフル乗車で、スーパーやショッピングセンターで買い物をするとセダンに比べると積めません。

 

しかし昨今小型セダンと言えばアテンザ(それでも3ナンバー)とトヨタカローラセダン、スバルインプレッサセダンしかありません。

 

トランク容量を実車で確認するとアクセラが大きく感じましたし、車自体若々しいスポーティー感がありました。

 

結局前の年にアテンザを買ったよしみで、同じディーラーの担当さんから好条件で買いました。

 

他のメーカーも当たりましたが一番条件が良く、尚且つ対応が丁寧なのもありました。


 

 

 

どうして愛車を売ることにしたのか教えてください。乗り換えなどの場合は、乗り換え後の車種名なども可能な限り詳しく教えてください。


 

 

同じ新型のアクセラセダンをワタシが購入したので、嫁さんは小型の車にしたいって事になりました。

 

アクセラを購入して80000kmなのでまだまだ乗ろうと考えておりましたが、思い立った時が買い替え時とも言いますし。

 

嫁の乗る車なので希望を聞くと小回りの利く、乗りやすくてスポーティーなスタイルの車という事で、車格はBセグメントの小型ハッチバックで考えておりました。

 

マツダデミオ、ホンダフィット、トヨタヴィッツの3車種から選択です。

 

スポーティーなスタイルという事でトヨタヴィッツはちょっと違うらしいので、マツダデミオとホンダフィットで競合する事になりました。

 

ホンダフィットはどうも値引きが少なく、下取り査定も悪かったです。

 

デミオは末期モデルの13スカイアクティブシューティングスターが破格の条件でしたので、諸々の条件によりマツダデミオスカイアクティブシューティングスターに決まりました。


 

 

売却する際にどういう業者を利用したか?どういう流れで利用したか?詳しく教えてください。


 

 

アクセラセダンですが、車を買い替えることになりました。

 

先ずは見積もりを貰ったディーラーの査定価格です。

 

マツダのディーラーに下取り価格を聞くと、「7万円で購入するならば10万までは何とかします」との事でした。

 

ホンダのディーラー「下取りは5万円です」という事でした。

 

15万以上は欲しいと思っていましたので、少し他でも査定してもらおうとネットで検索してみることに。

 

当時クルマ系SNSのみんカラをやっていたので、carviewで下取り一括査定へデータを入れて送信してみました。

 

するとものの10数秒で電話が鳴る、鳴る…

 

通話中にもキャッチの音がひっきりなしです。

 

そのうち数社と重ならない様に査定のスケジュールを決めます。

 

先ずはアップルさん「13万円でいかがですか?好条件だと思いますよ」

 

確かにディーラーよりは良いですが、まだ1つ目なので「留守中の嫁と相談するので後ほど返事をします」と返答保留しました。

 

2番目はガリバーさん「15万までならば何とかします。ご回答ください」との事でした。

 

魅力的でしたが、そこは我慢して留守中の嫁ダシに本日中に返答することを了承してもらいました。

 

3つ目はラビットさん、「13万円でいかがですか?」と…「20万円は行くと思ったんですが」と吹っかけてみる事に。

 

「では15万円までなら何とかします。ご決断を!」

 

熱心なセールスさんにほだされこの辺で決めようかと思ったけど、取り敢えず毎回の如く留守中の嫁ダシに返答を保留します。

 

最後はカーチスさんです。

 

若くチャラそうな外見でしたが凄く丁寧で誠実な対応です。

 

人は外見で判断してはいけません!!

 

「おいくらがご希望ですか?」とセールスさん。

 

「30万円はいくと思ったんですが…」ワタシ。

 

「16万円ではだめですか??」セールス。

 

内心(おお!一番良い数字の提案)と思いました。

 

「せめて20万はダメでしたか…」ワタシ。

 

「本部と問い合わせてみます。ダメで元々ですから…」セールス。

 

(熱心だ!!良い感触だなぁ。ダメでもこの人にしよう)心に決めてました。

 

「今決めてくれるならば18万円にします。お願いします」セールス。

 

こうしてカーチスさんに決定しました。


 

 

【くるまさんのコメント】

 

今回はマツダのアクセラセダン(2006年式)でした。

 

買取業者との交渉体験談が印象的ですね。

 

特にカーチスとの交渉は、当時の相場的に15万円のマツダアクセラセダンに30万円の希望額で交渉スタート!

 

見事に18万円まで査定額を引き上げています。

 

また、買取業者というのは即決を求めてきますが、うまく保留していくのもポイントなんですね。

 

たけぽんさんもうまく業者に保留を伝えてかわしています。

 

事前に下取り価格を調べていたのも。強気の交渉がしやすい材料になっていますね。

 

今回はインタビューのご協力ありがとうございました。


この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加   

体験談募集中 管理人のくるまさんとは? セレナ売却体験談 エスティマ売却体験談 ザ・ビートル売却体験談